記事公開日:2022.11.11

\こども国会から日本の未来を描く/
========================
財政研究会地方議員連盟月例会にて
代表白井が登壇しました
========================

昨日11/10(木)夜、
次世代を担うこどもたちに、地方議会ができる主権者教育とは?
をテーマに、地方議員の方々へ講演を実施しました。

まず前提として、日本のこどもたちを取り巻く環境に、
・こどもの幸福度ワースト2位 
・自殺率は世界一 
・少子超高齢化に伴い、子どもの人口比率はLGBTQの方々よりマイノリティ
というさまざまな課題が挙げられます。

そこに対し、
「誰もが挑戦できるやさしい社会にしたい」、
「失敗に寛容な、応援しあえる社会をつくりたい」と思い、
こどもたちの体験機会をつくってきたこと、

さらに、その一環として
こどもたちが「楽しく」国政を学び、
関心をもてる機会をつくるべく、
「こども国会」を開催していることをお話ししました。

そんな私たちの目指す世界観や活動に、
地方議員の方々が大変共感してくださり、
たくさんの質問や相談を寄せてくださいました。

「政治というテーマで、
“楽しく”学んでもらうにはどうすべきでしょうか?」

「さまざまな属性のご家庭にもひろく周知していくには?」

さらに、実際に行ったことのある市議の方からは、
「どうしても堅い雰囲気になってしまって…
夢中にさせるにはどうしたらいいでしょう?」

などなど、まさにCHEERSが強みとする、
こどものための体験づくり、場づくりが求められていることを
改めて実感する機会となりました。

会の終了後、
「うちの市でもぜひ!」という方が多く、
追加の勉強会の打診も。

こども国会、こども議会の全国的開催にむけて、
さらに多くの方を巻き込んで、引き続き走っていきます。
ご招待、ご参加いただいた財政研究会地方議員連盟の皆さま、
本当にありがとうございました。

夏休みこども国会のレポートはこちらから
https://note.com/mirai_labo8/n/n42b6331a92d6

========================
100will, 100cheer!
100のワクワクに、100の応援を。
========================

\LINE友達に追加/

お手持ちのスマートフォンで
QRコードをお読み取りください♪

close